行政書士伊藤健太

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

行政書士関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

今すぐご注文!

土日祝日関係なく、お電話でもご注文承ります!

僕は26歳で士業の中でもかなり若いですし、この若造がなに生意気なこと言ってやがるんだと嫌な思いをされる方もいるかもしれません。

しかし、僕は言い続けます。

それは、僕にしかできないことがあるからです。

僕が目指していることは、士業のチェンジメーカーになることです。

士業の世界は空前の競争時代に突入しています。
弁護士や公認会計士という日本の最難関試験を突破しても仕事がありません。
税理士も数が多く淘汰の波が来ています。
司法書士、社労士、中小企業診断士、そして僕もそうですが行政書士・・・

価格競争は当たり前です。
廃業や副業も数多く目にします。
士業事務所の多くは、かなりの危機的な状況にあります。

しかし、僕はそれが当たり前だと思っています。

だって、戦後を引っ張ってきた日本の大企業だって今や瀕死の状況です。
シャープ、パナソニック、ソニーなど。

士業だからって守られるなんて幻想です。

日本企業は世界的にガラパゴスと揶揄されます。
ガラパゴスとは、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)が高い外来種が導入されると最終的に淘汰される危険があるとのこと(ウィキペディア)

簡単にいえば、時代環境に合わせて変化をしていかないと、気が付いた時には取り残されて生きていけなくなりますよということ。

士業の世界は、日本を代表するガラパゴスの象徴産業だと思います。

僕は自分が生きてきたことしか知りません。
そのため、これまでの士業の世界を知りません。

しかし、今の時代を生きている一人の若者として、今の士業事務所の多くはガラパゴス化していると感じます。

全てを否定しているわけではありません。

士業の先生の多くは本当に素晴らしい人であり、素晴らしい事務所なんです。

しかし、
経営としてはうまくいきません。

ここが問題なんです。

僕は士業という職業があまり好きではありません。

だから士業としての資格を使って仕事をするのを最後の最後まで避けてきました。

しかし、会社を設立したものの4か月間全く売上が出ませんでした。

いよいよ食べるのにも困り始めた時に、昔とったものの埃を被っていた行政書士の資格があることを思い出しました。

実はその4か月前に初めて行政書士とかかわった瞬間があります。

会社設立をしたときです。

そのときは、会社設立って行政書士の仕事なのかという程度に思いました。

「俺も、会社設立業務をやろう。」

行政書士としてならやっていけると確信しました。

理由は簡単です。

依頼した行政書士よりもいい会社設立サービスを安く提供することができればやっていけると思ったから。

しかし、一番の理由は、

僕が行政書士から一刻も早く卒業しようと思っていたから。

つまりガラパゴス化している産業だからこそ、そうでない視点を持ち込めばやっていけることができると感じました。

僕がとった戦略はいたって簡単。

旧来的な士業の悪い部分の在り方を反面教師にすることにしました。

その結果・・・

おかげさまで、新時代の士業事務所の開業、集客、経営のバイブルと言われるまでになりました「月商倍々の行政書士事務所 8つの成功法則」を発売させていただくまでになりました。

僕がなぜ行政書士が士業があまり好きでないかといいますと、

それは、国家資格という法律で守られた仕事だから。

資本主義的な発想ではないから。
閉鎖的な世界だから。

反論ももちろんあると思います。
専門知識、技術が求められる世界だから仕方ない部分もあります。

しかし、我々士業の存在意義はなんでしょうか?

誰も異論ないと思います。

お客様のお役に立つこと

それだけです。

お客様が大切ということは誰しもがわかっているものの、実際の士業の世界では無意識に大切にできていないことがたくさんあります。

行政書士やその他の士業の重要性、社会的な役割の大切さは強く認識しております。

僕も実際に仕事をしてみて本当にやりがいのあり、素晴らしい仕事だと感じています。

士業をやっている人が嫌いなわけではありません。

僕は多くの士業の先生を尊敬しています。

皆が素晴らしい人、想い、サービスを持っています。

しかし、上手くその魅力をアピールできていません。

僕ができること、したいこと

それは士業の世界の経営レベルを上げること。
普通の産業と同じかそれ以上のレベルに上げること。

これからは、経営者・起業家マインドを持っている人でないと士業として成功はありません。

これは、競争相手である多くの士業が経営者マインドを持っていないことが理由です。

経営者マインドや経営のレベルを上げることができない士業事務所は、廃業することになります。

僕の経営術は非常識と言われますが、全くそのようなことはありません。

資格産業以外の産業で、経営のカリスマと言われる人たちの経営術などを常に勉強しています。

その偉大な経営者を真似ているにすぎません。

ただし、僕の場合にはただの経営者ではありません。

自分が士業、行政書士として、士業の世界、行政書士の世界を熟知し、現在でも行政書士事務所経営している経営者であり実務者という点で、士業や行政書士に合う独自の経営術、集客、マーケティング、ブランディングノウハウをつくってきました。

もちろん今でも試行錯誤です。

しかし、開業から3年目に突入しました。

これまで培ってきたノウハウは大いに皆様のお役に立つ思います。

まずは、僕の考え方に共感してくれる仲間を増やすことが、チェンジメーカーとしての僕の最初の仕事だと思っています。

偉そうなことを書いて申し訳ありません。

しかし、共感くださる方は是非、SNSやメールなどでお気軽にご連絡ください。

株式会社ウェイビー/ウェイビー行政書士事務所

士業のチェンジメーカー/経営・マーケティングコンサルタント

伊藤健太

toiawase

いつでもお問い合わせ承ります!contact

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

banner_how

伊藤健太オフィシャルBlog

伊藤健太オフィシャルブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

ページトップへ戻る