行政書士伊藤健太

ウェブ集客をお約束!

貴社のサイト集客を全面的にバックアップいたします!

集客プロ集団!

必ず集客できるサイトを制作いたします!

検索上位連発!

行政書士関連キーワードで検索上位表示の自信あります!

満足3プランをご用意!

お客様のご予算やニーズに合わせてご提案させて頂いております!

今すぐご注文!

土日祝日関係なく、お電話でもご注文承ります!

行政書士の3つのおススメ営業方法

三本の屋

 

行政書士事務所を開業したら、

何をすれば良いのだろうか。

 

 

選択肢はおそらくいくらでもあると思う。

そんな中、開業直後にこの方法はいいのではないかというものを3つピックアップした。

 

本記事では行政書士の3つのおススメ営業方法を紹介する。

目次

1.行政書士におススメな、交流会での営業

2.行政書士におススメな、朝活へ参加

3.行政書士におススメな、ホームページからの集客

 

 

1.行政書士におススメな、交流会での営業

交流会で人脈を増やす

 

行政書士事務所を開業したら、

交流会にいくのも良いだろう。

なぜなら、出会いから顧客や、顧客を紹介してくれるような人に出会うことができるからだ。

 

交流会は、

異業種交流会や士業交流会、

出版記念パーティや様々な交流会がある。

 

何に参加すれば良いのかというと、

誘われた交流会やビジネス関係の交流会が良いだろう。

 

一つの決め方として、

行政書士として、どのような仕事をしているのか?

また、どのような属性の人が顧客になるのかを考えたうえで、

ターゲットが多そうな交流会を選ぶのも良い。

 

または、顧客になり得る人を知っていそうな人がくるような交流会を選ぶのも良い。

 

ようは出会いたい人をある程度想像して

参加する交流会を決定し、

参加した方が良いだろう。

 

資金に交流会にでる余裕があれば、

名刺交換する目標を決めて、

一時集中して交流会にたくさん参加して、

人脈を増やそう。

 

・自分だけの強みを活かす

 

いくつもの交流会に参加していると、

名刺が非常に多く集まる。

気が付けば、数百枚になることもあるだろう。

 

しかし、交流会での出会いを活かすことが出来るかは、

自分次第だ。

少しでも相手の記憶に、

そして紹介してもらえるような環境を整えないと、

人脈はできても顧客紹介はほとんどない。

 

 

ではどのようにすれば良いのか?

 

 

まずは自分の強みをはっきりさせよう

 

 

例えば、

「会社設立専門の行政書士です。」

「創業融資専門の行政書士です。」

 

など、何か専門性を出すのもありだ。

 

自分だけの強みをはっきりさせる理由。

 

 

それは、自分自身が行政書士として選ばれる理由となるからだ。

 

 

 

「君は非常に信頼できるから。」

 

「君は若くてお客さんにもウケそうだから。」

 

「君のやっていることは面白いから、是非紹介したい。」

 

このように、何か人と違う形で自分が選ばれるように、

少しでも自分だけの強みをつくっていくのだ。

 

強みは様々な形がある。

 

例えば、

「●●の業界で10年働いてきた」

「女性起業家専門の行政書士です」

「日本一早く、正確で、コスト削減により安い会社設立代行を実現しています。」

など、何でもかまわない。

 

一つでも強みがあれば、

まずはそれで交流会で名刺交換をする相手に覚えてもらおう。

 

覚えてもらうこと。

 

 

それが、交流会営業では非常に大事になってくる。

 

 

信頼関係を築き、紹介をもらう

 

 

 

 

交流会でであっても、

一つ一つの出会いから売上をあげるためにはまだやるべきことがある。

 

 

それは、交流会後にアポイントを入れることだ。

 

 

必ず、相手にもメリットがあることが大切だ。

それを説明したうえでアポイントをとろう。

 

「顧客紹介を互いにしましょう」

「一緒にセミナーをやりましょう」

「何かしら、お役に立てるかもしれないので、是非お会いしましょう」

 

などなど、何か提案しながらアポイントをとろう。

 

 

名刺交換してから、もう一度会うことができたら、

自分の強みをもっと詳しく説明しよう。

 

また、相手の話を注意深く聞き、

自分が役に立てることも伝えよう。

 

ここで、信頼関係が築かれていれば、

顧客紹介をいただける可能性はあがる。

 

 

それまでに、2度3度会うことも必要だろう。

 

そして、誰かご紹介いただけそうな顧客がいれば、

是非紹介してもらおう。

 

 

忘れた頃に紹介いただけることもあるが、

基本的には数か月に1度は会った方が、

関係は良好に保たれるだろう。

 

 

ただ、ここで注意しなければならないのは、

重要でない人脈には時間を使ってはならないということ。

 

 

ただの仲良しでは互いに仕事にはつながりにくい。

 

仕事における関係を大前提に、

信頼関係を築き、互いにメリットのある関係を築き

強い、太い紹介のパイプラインを築いていこう。

 

2.行政書士におススメな、朝活へ参加

 

朝活へ入会する

 

 

朝活に参加することは、

創業したばかりの行政書士にはおすすめだ。

 

朝活といっても、

ここで言いたい朝活とは、

BNIなどの、

定期的にグループで朝に集まり、

顧客を紹介し合うようなビジネス交流会だ。

 

 

朝活がおススメな理由は顧客紹介を得られる可能性が高いことだ。

 

おおよその朝活が顧客紹介を必ず出すような仕組みで運営している。

 

そのため、自分自身も誰かに顧客紹介をしなければならないかわりに、

自分も行政書士の仕事をいただける可能性が格段に増える。

 

 

どこの朝活が良いのか?

 

BNIは一つ有名なので、おすすめだ。

全世界で一番成功している組織だろう。

 

日本でも全世界で展開しているので、

是非、一度、良さそうな場所を探して、

加入してみるといい。

原則、1つの会で、1業種1社しか加入できないので、

自分が行政書士として行っている業種が、

はたして加入できるかどうかは事前に確認しておく必要がある。

 

いくつか見学に行ってみて、

雰囲気が合うかどうか試してみて、

それから決めるのが良いだろう。

朝活で圧倒的に貢献する

 

 

朝活に加入したら、

まずは圧倒的に貢献することに徹しよう。

 

顧客紹介やメンバーの役に立つようなことを積極的に行うことによって、

最終的には自分自身に跳ね返ってくるのだ。

 

 

そして、少し顧客紹介ができる人間というのは、

紹介できることそのものが、紹介する人から信頼されているという一つの指標にもなる。

 

だから、少しずつ自分自身のビジネス上のスキルアップをして、

紹介の質をあげたりすることによって、

自分自身に跳ね返ってくるものも大きくなっていく。

強みを活かしたサービスをつくり、紹介を受ける

 

 

紹介を受ける時のポイントは、

交流会営業と同じで、

やはり自分自身の強みを生かすことだ。

 

紹介を受けることは、

紹介してくれる人が、

サービスや、自分自身のことを説明してくれるということだ。

その時に強みがあると、

紹介してくれる人も紹介してくれやすい。

 

自分自身が選ばれる理由をきちんと作っている人間が、

最終的には一番強い。

 

3.行政書士におススメな、ホームページからの集客

 

 

交流会営業や朝活営業と異なり、

ホームぺージからの集客は少し違った技術が必要だ。

 

ここでは、ホームページ集客がどういうものかを説明する。

ターゲットを決めたうえでホームページ制作をする

ホームページを作るうえで大切なことは、

まずは何よりもターゲットを決めることだ。

 

ターゲットを決めることで、

どのようなサービスをつくれば良いかが定まり、

どのようなホームページを制作すれば良いかが決まる。

 

良く、何も考えずに行政書士事務所の紹介のためのホームページを制作する人がいるが、

これではほとんど集客ができない。

 

「行政書士」と調べて、問い合わせをする人が少ないからだ。

 

また、「行政書士」と調べてホームページを探している人が、

どのようなニーズをもって「行政書士」と調べているのかがわからないため、

どのようなホームページを制作すれば良いかがわかりにくい。

 

たとえば、「会社設立」や「建設業許認可」といったキーワードで、

グーグルなどで検索する人は、「会社設立」や「建設業許認可」の手続きのニーズがある可能性が高いと思われる。

 

そのため、そういったキーワードで検索されることを想定して、

ホームページを制作すると、

見込み顧客がある特定のキーワードの検索をした場合に、

自分のホームページが表示されて、

選ばるようになる。

 

 

まずはターゲットを決めて、そのターゲットに響くようなサービスをつくったうえで、

ホームページを制作し始めよう。

 

ターゲットに向けた記事を100ページ制作する

 

 

ホームページができたら、

次に記事をたくさん書く必要がある。

 

ホームページはどのようなキーワードによる検索でヒットするのかを対策することができる。

そのことをSEO対策というのだが、

そのためには充実したコンテンツのホームページを制作する必要があり、

充実したコンテンツのホームページとは、

良い記事がたくさん存在するホームページとなる。

 

そのため、ホームページを制作したら、

ページを増やしていく必要がある。

 

どのようなキーワードで検索されたいのかを考えたうえで、

そのキーワードでヒットするように対策を行って記事を書く。

 

一つのホームページで大きなテーマは一つとし、

大きなテーマをベースに、世の中で検索されているキーワードを使って、

ホームページを制作していく。

 

そうすれば、徐々に徐々に、自分への問い合わせが増えていくだろう。

 

ホームページ集客の基本はこちら

ターゲットとサービスごとにホームページを制作する

 

 

1つのホームページで集客ができるようになったら、

次はそれを横展開しよう。

 

自分自身の得意な分野で、違うサービスをつくり、

それでホームページを制作するのだ。

 

もしくは、同じサービスをもっとターゲットを絞りこんで、

そのある特定のターゲット向けのホームページにするのもありだろう。

 

例えば、会社設立代行のホームページなら、エリアをもっと絞ったホームページを作ってみる。

 

 

他にも、女性起業家のための会社設立代行、

サラリーマンから独立したい人ための会社設立代行

など、様々なコンセプトで切り分けてホームページを制作し、

記事を増やしていくことができれば、

新しい市場を開拓することができるのだ。

 

 

以上が3つの行政書士のおススメ営業方法だが、

どれか一つでも十分効果はあると思うので、

是非トライしてみて欲しい。

 

「行政書士が開業時に気をつけるべき7つのこと」はこちら

カテゴリー: 行政書士の成功方法 | 投稿日: | 投稿者: wavy

いつでもお問い合わせ承ります!contact

クリックするとお問い合わせページが開きます。

メールでご相談・ご注文

営業時間:9:00〜20:00 土日祝日対応!

電話番号

banner_how

伊藤健太オフィシャルBlog

伊藤健太オフィシャルブログ

メディア実績

R25

R25

Yahooニューストップ

Yahooニューストップ

情熱社長

情熱社長

中国テレビ局 CCTV

中国テレビ局 CCTV

魅せるデザイン

魅せるデザイン

NAVER

NAVER

イラスト雑誌
COOL JAPAN

イラスト雑誌<br>COOL JAPAN

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

月商倍々の行政書士事務所8つの成功法則

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

日本一分かりやすい!「創業融資」を成功に導く最強ノウハウ

会社概要

会社名
:株式会社ウェイビー

住所
:東京都千代田区五番町12-6
五番町マンションB1F

Tel
:03-5216-2121(Tel)

事業内容
①マーケティング事業
②WEB制作事業
③経営コンサルティング事業

顧問弁護士
仲村 晋一
(第二東京弁護士会
 登録番号:23134)

ページトップへ戻る